匿名組合・任意組合・SPCのことなら 匿名組合.com

匿名組合等の出資を売買したい人は

登録

出版の案内

金融商品取引法について

資金調達

匿名組合・任意組合 SPCってなに?

ホントに資金調達できるの?

組成から調達までのスケジュールは?

日本版LLPとは何が違うの?

米国のLLC・パートナーシップって何?

資金調達

資産流動化法のTMK

金融商品取引法の規制

中間法人の利用

投資事業有限責任組合とは

信託(業)法との比較

相続税法上の評価額

匿名組合・任意組合を使った実例

匿名組合を活用した実例

任意組合を活用した実例

海外への投資を考えている人へ!

関連者投資・貸付利用スキーム

タックスヘブン利用スキーム

中間会社利用スキーム

パーマネント・エスタブリッシュ課税(PE)リスク低減

トピックス&ニュース

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

会社概要

会社概要

海外への投資を考えている人へ!

タックスヘイブン利用スキーム

海外法人から国内の投資家や法人へ配当を行うと、日本で課税されてしまいます。
そこで、タックスヘイブンに海外法人を設立し、配当を行わず留保すれば、税務コストを削減できます。
タックスヘイブンを利用したスキームとは税務コストをどのように削減するかをアレンジメントすることで脱税まがいのことではありません。
 一方で、税率の低い国に利益を留保し続けることへの対策で、日本では「タックスヘイブン対策税制」が存在します。タックスヘイブン対策税制とは、所得に対して課される租税の額がその所得の25%以下の国にある出資金額が50%超の海外法人が留保している所得のうち、出資額に対応する部分を親会社の所得に合算して課税する制度です。

(1) 任意組合による株出資

投資家の国内税率によって、配当金の金額を調整
  • 海外法人の日本国内の投資家の持分割合に対応する留保金額と投資家の他の所得と合算して、国内で申告します。
  • 投資家は配当金を源泉分離課税又は、総合課税による申告を選択します。

(2) 匿名組合による株出資

投資家の国内税率によって、匿名組合の分配金額を調整
  • 外法人の営業者の持分割合に対応する留保金額と営業者である法人の所得が合算されて日本国内で法人税が課税されます。
  • 営業者が投資家に分配しなかったものは、1の法人の所得に合算されます。
  • 投資家は営業者からの分配金を源泉分離課税又は、総合課税による申告を選択します。

(3) 匿名組合による貸付金

株主を第3者として、海外法人で利益を留保
  • 海外法人で利子を損金算入できますが、低税率のため有効性はありません。
  • 営業者が投資家に分配しなかったものは、日本国内で法人税が課税されます。
  • 投資家は営業者からの分配金を雑所得として総合課税により申告します。

(4) タックスヘイブン対策税制

タックスヘイブン対策税制は、単純にタックスヘイブンにあるという理由だけで適用されるものではありません。
健全な企業活動を行っている会社に対しては課税を適用除外にしています。
下記の4つの基準を満たした場合のみ適用除外となります。

タックスヘイブン対策税制