匿名組合・任意組合・SPCのことなら 匿名組合.com

匿名組合等の出資を売買したい人は

登録

出版の案内

金融商品取引法について

資金調達

匿名組合・任意組合 SPCってなに?

ホントに資金調達できるの?

組成から調達までのスケジュールは?

日本版LLPとは何が違うの?

米国のLLC・パートナーシップって何?

資金調達

資産流動化法のTMK

金融商品取引法の規制

中間法人の利用

投資事業有限責任組合とは

信託(業)法との比較

相続税法上の評価額

匿名組合・任意組合を使った実例

匿名組合を活用した実例

任意組合を活用した実例

海外への投資を考えている人へ!

関連者投資・貸付利用スキーム

タックスヘブン利用スキーム

中間会社利用スキーム

パーマネント・エスタブリッシュ課税(PE)リスク低減

トピックス&ニュース

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

会社概要

会社概要

匿名組合・任意組合・SPC・LLC・パートナーシップの仕組みで資金を調達しよう!

ホントに資金調達できるの?

資金調達を金融機関以外の投資家から調達する際に、最も重要なことは、

「投資家のメリットを最大限にする。」

ことです。
匿名組合・任意組合に対する投資は、投資家にとって、元本以上の分配を享受でき、分配された所得はパス・スルー課税という大きなメリットがあります。
一方で、将来の投資家とのトラブルを避けるためにも、「投資家のデメリットの説明」も同様に重要になります。


匿名・任意組合 社債(私募債) 借入金 第3者割当増資
調達コスト 投資対象商品が明確なため最も安価 投資対象商品が明確だが高い社債利率が必要 金融機関によって高い利子 調達する前より後の説明責任コストが高い
調達期間 短期間 5年程度 5年〜10年程度 返済する必要なし
調達側の税金 投資家への分配金を損金導入 利子が損金算入 利子が損金算入 配当金は損金不算入
担保設定
質権設定
担保設定可能
質権設定はしない
担保設定可能
質権設定はしない
担保設定可能
質権設定できる
担保設定不可能
質権設定不可能
投資家のメリット 元本以上の残余財産を享受
パス・スルー課税
社債利息は借入利息より大きい
20%源泉のみ
元本保証 経営参加
配当所得は源泉分離課税
投資家のデメリット 元本の保証がない 元本が償還時まで返済されない 元本返済があるため金利は少ない 上場するまで換金性がない

匿名組合・任意組合による資金調達が常に最善な方法ではありません。また、それぞれの資金調達方法に長所・短所があり、組み合わせて活用すること大事です。投資家のメリットを最大限に活かすことができる資金調達方法を考えましょう。

宋ーyタqェvアqキq輦徨br2r><br><img src=
宋ーyタqェvアqキq輦徨br2rハrbr qzrv
(1) 匿名組合で資金を調達する投資商品はハイリスク・ハイリターンの場合が殆どです。投資家になぜ、ハイリスクなのか、なぜ、ハイリターンなのかを説明することで、自分のリスクも低減します。
(2) 法律を守らないことは、投資家や金融機関から訴えられるリスクを増加させ、後で考えれば、法律を守った方が総コストを低く出来たことに気づくはずです。
(3) いろいろな人から助言を受けることは重要ですが、最も重要なことは投資商品の組成コストやランニングコストを低くして投資家への配当(残余財産の分配)を多くすることです。